北海道・音更町の丘の上にあります。 丘の上の多田さん家
 
牧場
牧場の仕事
牧草へのこだわり
畑
ブロッコリー
多田さん家
家族
スタッフ
アクセス
 

ブロッコリーは栄養の面でも最強で、最高の健康野菜です。
「野菜を一種類しか食べないのならブロッコリーにすべし」と言われるほど、栄養価が高い野菜です。

ブロッコリー栄養成分は見事なもので、ビタミンA、C(レモンの2倍以上!)、カルシウム、鉄、ビタミンK、ビタミンB群も含んでいます。
ビタミン・ミネラルをバランスよく含んでいるのがブロッコリーです。

私たちの農場では、50haの畑でブロッコリーを栽培しています。
みなさんにはあまり知られていませんが、ブロッコリーの種類は200種類もあります。
その中から、自分たちの畑や気候に合った種類のブロッコリーを選んで、一番美味しい物が出来るように栽培しています。
「ピクセル」という品種を中心に、「ゆたか」という品種も作っています。


ブロッコリー畑ブロッコリーの栽培時期は夏ですが、夏に収穫するためには、一年間の気候変動もとっても重要です。北海道音更は、夏は昼夜の温度差が大きく、冬はあまり雪が降らず氷点下10度以下になり大地が凍り付きます。
大地が凍り付くおかげで土の中にある、虫のタマゴなどが死滅するために、夏場にほとんど虫が寄ってきません。
虫が出ないと、それだけ殺虫剤をまかなくてよくなり、より身体に安全なブロッコリーをお届けすることが出来ます。


また、私たちの農場では牛を飼育しているため、牛から作った健康的な堆肥を畑にふんだんに敷き詰めています。
もちろん、その牛たちの食事も自分たちで作っているので、さらに安全な堆肥です。
他の農場にはない、フカフカの土で育ったブロッコリーはおいしさ満点です!

 
栽培カレンダー
 
栽培ステップカレンダー
 
品種によって差がありますが、種をまいてから収穫までに95日程度かかります。
毎日どこかの畑で収穫が出来るように、収穫時の栽培面積を考えながら種蒔きを行っていきます。
途中で暖かい日が続くと、予想以上に成長してしまうこともあるため、あちらもこちらも収穫出来る!というケースになることもあります。こればっかりは、天候次第なので、みんなで力を合わせて収穫作業を行っています。
 
収穫までの流れ
 
種まき ハウスで種を育てます。
定植 成長した苗を、機械で植え付けていきます。
収穫 一つ一つ手で収穫していきます。
箱詰め 収穫されたブロッコリーは、余分な葉を切り落とし、すぐに氷詰めにされます。
(高温により色が黄色くなったり花が咲いたりするのを防ぐためです。)
 
種まき 定植 収穫 箱詰め
 

HOME   牧場のしごと   牧草へのこだわり   ブロッコリー畑   家族   スタッフ   アクセス

 
     
  Copyright Tada Farm All rights reserved.